本文へスキップ

事務局:大澤 (FAX 0566-76-3595)

日本ハーモニカ芸術協会
中部支部連合会

平成23年度 イベント報告


第22回 日芸協中部 ハーモニカ コンサート

  • 日時: 平成24年2月26日(日) 13時〜
  • 会場: 愛知県産業労働センター(ウインクあいち)
 
 名古屋駅近くの愛知県産業労働センター大ホールで、800人収容の会場をいっぱいにして、開かれました。
  独奏17人、二重奏2組、三重奏1組、四重奏2組、五重奏1組の延べ39人の皆さんが日ごろの練習の成果を発表しました。
 コンサートは、小澤会長の挨拶に始まり、「さくらぐみ」の四重奏による「春一番」の演奏で幕を開けました。
 第三部のゲストタイムでは、昨年行われた第1回 複音ハーモニカコンクールで優秀な成績を収められた3人の方の演奏です。壮年の部の第3位の加藤暢嘉さんには「山寺の和尚さん」、シニアの部の第3位の小野俊子さんには「荒城の月幻想的変奏曲」、シニアの部で優勝された加藤精吾さんには、「ロングロングアゴー」の演奏を披露していただきました。 
 特別ゲストは、若手のホープ 稲川有徳さん。複音ハーモニカとクロマチックハーモニカのどちらもワールドハーモニカフェスティバルで第1位の実績の持ち主。
 ハーモニカを4本持っての「エリーゼのために」、7本のハーモニカを取り替えながらの「トルコ行進曲」。目を閉じて聴いていると1本のハーモニカで吹いているようです。
 稲川さんのすばらしい演奏に、観客の皆さんは惜しみない大きな拍手をおくりました。

「プロのメンテナンス・調律・調整」講習会

  • 日時 平成23年11月5日(土)
      午前10時〜12時     (調律・調整の仕方)
      午後13時〜15時30分  (メンテナンス・調律の仕方)
  • 会場: 愛知県女性総合センター(ウィルあいち)セミナールーム 
 
 トンボ楽器製作所より3人の専門家に来ていただき、日ごろ愛用しているハーモニカの調律・調整・手入れの仕方についての講習会を行いました。
 午前は、指導者とある程度調律の経験ある人を対象に、午後は初心者、中級者を対象にしての講習でした。
 普段聞くことのできないお話や、具体的な調整方法や、市販されていない専用の道具を間近に見せていただき、参加者からは、目から鱗のこともあったと大好評でした。
 

第16回 ハーモニカ アンデパンダン発表会

  • 日時: 平成23年8月28日(日)  12:30〜
  • 会場: 名古屋市西文化小劇場

 合奏21組、独奏32人 延べ260人を超える多くの方が出演しました。発表会では、今年度 長老栄誉賞を受賞された方の紹介と準師範、師範に昇格された方の演奏もありました。
 さらに、今年6月に開催されたFIHハーモニカコンクールの複音ハーモニカ部門で、第2位になられた寒竹由佳さんと特別賞を受賞された矢野康晴さんに、コンクールで演奏された曲を披露していただきました。
 最後は、埼玉県からお招きしたホルンハーモニカ奏者 大竹康雄さんの郷愁を感じさせる音色で幕を閉じました。

  

「メロディーラインの上手な歌い方」研修会

  • 日時: 平成23年7月16日 午前10時〜
  • 会場: 愛知県総合女性センター(ウィルあいち)
  • 講師: 音楽家・音楽教育家  藤本和道 先生
 
 午前は、合奏演奏指導法と指揮法について、午後からは、メロディーラインの上手な歌い方について、ご指導いただきました。
 大きな動作やジョークも交えての、楽しく、分かりやすいお話で大好評でした。




information店舗情報

日芸協中部

ホームページ管理人(伊藤)
Eメールアドレス:

ito_starcat@yahoo.co.jp