本文へスキップ

事務局:大澤 (FAX 0566-76-3595)

日本ハーモニカ芸術協会
中部支部連合会

平成24年度 イベント報告


第23回 日芸協中部 ハーモニカ コンサート

  • 日時: 平成25年2月24日(日)  13時〜
  • 会場: 愛知県女性総合センター(ウィルあいち)
 
 今回で23回目となる恒例の日芸協中部ハーモニカ コンサートが開催されました。 この日は、朝から今冬一番といわれる寒風が吹きすさぶ日でしたが、開演30分前から多数の来場者がつめかけ、館内は熱気に溢れました。
 ゲストには寺澤ひろみさんとチェロの三枝慎子さんを迎え、中部地区からは二重奏5組、四重奏5組、独奏11人の出演による素晴らしい演奏会となりました。
 ゲストの寺澤さんは、複音ハーモニカとクロマチックハーモニカを駆使して、独奏曲を4曲、続いてハーモ二カとチェロの素敵な二重奏で会場を魅了しました。迫力のある美しいハーモニーに満席の場内から鳴り止まぬ拍手とアンコールの声に応えて、「見上げてごらん夜の星を」で印象的なフィナーレとなりました。

第2回「わかりやすい楽典の基礎講座」研修会

  • 日時: 平成25年2月10日(日) 10:00〜16:00
  • 会場: 名古屋市中小企業振興会館「吹上ホール」 4階
  • 講師: 日本ハーモニカ芸術協会理事長 小澤邦夫 先生
 
  昨年7月に行われた第1回 楽典基礎講座に続く第2回目の研修会が、吹上ホールで開催されました。前回の好評をうけて今回も80人を超える多数の受講生が参加し、講師の日本ハーモニカ芸術協会・理事長の小澤邦夫先生による研修会が行われました。
 研修は午前10時に始まり、前半は前回の重点箇所の復習を中心に、後半は「コードネーム」「コード進行」へ進み、続いて実際に「ふるさと」の三重奏の編曲まで体験しました。長時間の研修にも関わらず、会場は熱気に包まれていました。
  

「佐藤秀廊アレンジ楽譜の上手な吹き方」研修会

  • 日時: 平成24年12月9日(日)   10:00〜16:00
  • 会場: 愛知県女性総合センター(ウイルあいち)セミナールーム
  • 講師: 日本ハーモニカ芸術協会会長 甲賀 一宏 先生
 
 これまで東京で開催されていた研修会が、今回名古屋で初めて開催されました。100人もの参加者で会場はいっぱいになりました。
 佐藤秀廊先生の独奏曲集から、「泉のほとり」と「浜辺の歌」を取り上げて、実際にハーモニカを演奏し、美しい音を出すための注意点などについて解説が行われました。
 午前は「泉のほとり」の曲を教材にして、ロングトーンや音を短く切るなどの基礎練習を通して、息の出し方や使い方を確認し、アーティキュレーションの基本であるレガートとスタッカート、さらには、拍と拍子、音価とリズムなど、ハーモニカの音の創り方を学習しました。
 午後の最初は、「浜辺の歌」の曲を通して、記号に表せない「強弱の”ゆれ”」、「テンポ(速度)の”ゆれ”」、「音色の変化」の実際を受講生全員で「浜辺の歌」を演奏し、分散和音など高度な演奏技術による曲想の創り方を学習しました。
 午後の後半は、装飾音とトリル、補填リズム、カデンツ風のフレーズの表現について解説が行われました。予定時間を過ぎての熱心な質疑応答が続いたあと、講師の甲賀会長自らハーモニカを手にとって「城ヶ島の雨による幻想曲」等を演奏、叙情的な曲想の表現例が熱い言葉で語られました。
 この思いがけない成り行きに、会場は大喜び、大きな拍手につつまれました。セミナー会場は受講者の熱気が溢れ、この冬一番の寒さを吹き飛ばすようでした。

第17回 ハーモニカ アンデパンダン発表会

  • 日時: 平成24年8月26日(日)  12:30〜
  • 会場: 愛知県女性総合センター(ウィルあいち)  
 
 回を重ねて17回目のアンデパンダン発表会がウイルあいちで開催されました。これまでは名古屋市内の文化小劇場で開催されてきましたが、今回は座席が倍以上の800席ある大きなホールでの開催でした。
 合奏18組、二重奏3組、独奏15人、延べ295人が出演しました。発表会は、ハミングバードS&Sの総勢32人の皆さんの合奏で幕を開けました。 
 今年度 準師範の試験に合格された2人の方の模範演奏に続き、今年6月に東京で開催された 第32回 FIHハーモニカコンテストのデュエット部門で第二位に入賞された大澤龍己さんと森 正義さんのデュオ「A・GARU」のお二人に、コンテストで演奏された「春の海」と日ごろコンビを組んで演奏してみえる「津軽海峡冬景色」の演奏を披露していただきました。すばらしい演奏に拍手が鳴り止まず、アンコール曲の「クラリネットポルカ」で幕を閉じました。 

第1回「わかりやすい楽典の基礎講座」研修会

  • 日時: 平成24年7月22日(日) 10:00〜16:00
  • 会場: 名古屋市中小企業振興会館「吹上ホール」 4階
  • 講師: 日本ハーモニカ芸術協会理事長 小澤邦夫 先生 
 
 日芸協中部による研修会「わかりやすい楽典の基礎講座」が、梅雨明けの7月22日(日)、吹上ホールで開催されました。講師は日芸協中部支部連合会会長・小澤邦夫先生。会場には、当初の募集の2倍を上回る120人の方が受講されました。
 研修会は、はじめに加藤理事長よる講師の紹介に始まり、続いてテキスト「音楽通論」(教育芸術社)に沿って講義が展開されました。この日初めてテキストを手にした受講者も6割を数えるなど、当初は緊張の面持ちも見かけられましたが、小澤先生がご自身の初期のご苦労談やエピソードを交えて、解りやすい解説がユーモアたっぷりに進められました。受講生のなかには、難解な用語に戸惑う姿も見られる一方で、次第に「学び」の楽しさ、面白さに引き込まれた受講生も少なくなく、最後まで熱心な聴講が続きました。
 この日の講義は「テトラコード」まで進み、「音階」の続きは次回に持ち越されました。次回は平成25年2月10日〔日〕に予定されています。

  



information店舗情報

日芸協中部

ホームページ管理人(伊藤)
Eメールアドレス:

ito_starcat@yahoo.co.jp