本文へスキップ

事務局:大澤 (FAX 0566-76-3595)

日本ハーモニカ芸術協会
中部支部連合会

   平成28年度 お知らせ


加藤精吾さんが日本ハーモニカ賞を受賞

  4月24日、全日本ハーモニカ連盟総会で加藤精吾さん(師範。岐阜県土岐市)が日本ハーモニカ賞を受賞されました。加藤さんは日本ハーモニカ芸術協会の副理事長、同 中部支部連合会の理事長でハーモニカ音楽の普及・発展に尽くされています。中部地区に多数の教室を展開し、多くのハーモニカ愛好者の指導・育成に尽力されている功績が認められました。
平成23年 第1回複音コンクールで優勝、平成25年 佐藤秀郎賞を受賞されています。

FIHハーモニカコンテスト  〜トリオ100がアンサンブル小編成部門第2位に入賞!〜

 第36回FIHハーモニカコンテスト(FIHジャパン主催)は6月5日(日)全電通ホール(東京・御茶ノ水)で決勝ライブが行われ、中部地区から参加のトリオ100の皆さん  (岩田雅子さん、小野俊子さん、大澤龍己さん)がアンサンブル小編成部門で見事に第2位を獲得されました。演奏曲は、  
 「三つの雨の歌」 作曲者 岩河三郎  
  「童謡絵巻」の てるてる坊主、二つの雨の歌(岩河三郎) から  

詳しくはこちらをご覧ください。

第6回 複音ハーモニカコンクールで中瀬真佐夫さんがシニアの部で第1位に入賞

 今回で第6回目となる複音ハーモニカコンクールの本選ライブ(日本ハーモニカ芸術協会主催)が、平成28年10月30日(日)に東京都荒川区東日暮里の「日暮里サニーホール」にて開催されました。今回のコンクールには、ジュニアの部4名、ミドルの部22名、シニアの部26名の合計52名の応募がありました。
 予選審査が9月に行われ、ジュニアの部4名、ミドルの部及びシニアの部でそれぞれ8名、合計20名の方が本選ライブに選出されました。中部地区では、シニアの部で中瀬真佐夫さんが選出されました。
 本選ライブでは、ジュニアの部は自由曲1曲の演奏、ミドル及びシニアの部では、課題曲“「荒城の月」幻想的変奏曲” 及び自由曲の2曲を演奏し順位を競いました。

<審査結果>
ジュニアの部 1位 萩野谷咲映(神奈川県) フォスター名曲メドレー
       2位 佐藤現喜 (神奈川県) おお牧場はみどり
       3位 龍野真那 (東京都)  きらきら星変奏曲
          龍野乃愛 (東京都)  勝利をたたえる歌
ミドルの部  1位 田川珠帆 (神奈川県) アルルの女よりメヌエット
       2位 河浪つや子(神奈川県) 行商人
       3位 藤原尊子 (神奈川県) さくらのワルツ
シニアの部  1位 中瀬真佐夫(愛知県)  行商人
       2位 星 幸江 (神奈川県) お江戸子守唄
       3位 金田昭一 (栃木県)  ロング ロング アゴ―変奏曲

なお、加部育子さん(神奈川県)が特別賞を受賞されました。

*参加資格
  ジュニアの部:小学生及び中学生
  ミドルの部 :高校生以上70歳未満
  シニアの部 :70歳以上

☆中瀬さんの記事が中日新聞知多版(11月30日発行)に掲載されました。



information店舗情報

日芸協中部

ホームページ管理人(伊藤)
Eメールアドレス:

ito_starcat@yahoo.co.jp